test4

サイト制作の一木堂

永遠の詩人

目次

宿命生涯を貫く

萩原朔太郎

 それ故に藤村氏の文學は、彼が詩を書かなくなつてからも、そのすべての小説作品を通じて、旺盛な詩的情熱で一貫して居る。藤村氏の場合で言へば、單に「詩」といふ文學の形式が、「小説」といふ文學の形式に變つたにすぎなかつた。變化したものは形式である。

文學の精神する本質のものではなかつた。

藤村氏に於ける文學の本質は、その「若菜集」の出發から、大作「夜明け前」の今日に至る迄、一貫して本質上の「詩」であり、詩精神なのである。

『永遠の詩人』青空文庫
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる